引っ越し料金を安くする方法

引っ越し料金を安くするポイント

引っ越し料金を安くまとめるには、方法をいくつか取り上げたいと思います。

 

見積もりを依頼する方法についていまいちはっきりしない場合があるでしょう。

 

見積もりの入手方法は何通りかあり、ネットを使って業者のサイトから見積もり依頼をする他、営業所を訪れることによって見積りをお願いする方法、業者に電話をかけて申し込む方法もあります。

 

ここ最近は、インターネットから見積もり依頼ができるようにしている業者も増えていますから、活用してみると良いでしょう。

 

この他、引っ越しで支払う金額はどんなことを考えながら決めていけばでしょうか。

 

これに関しては、小さいトラックで足りるのか、そうでないのか、少ない人数で良いのか、多いほうが良いのか、現住所から引っ越し先までの距離が、少なからず影響してきます。

 

安い費用で抑えるためには、2トントラックで足りるように、あまり人手が多くならないように、ダンボールの数は少なくし、引っ越し先でも使わないような物があれば捨てるようにすることがキーポイントです。

 

さらに、「心付け」は必要なのかどうかいまいちはっきりしなかったりします。

 

心付けは平たく言えばチップのことなのですが、要るのか要らないのかの心積もりで、安く引っ越せるかどうかが違ってくるかもしれません。

 

大抵、1人に対して1,000円を渡しますが、会社の方針で受け取りを断るように指示しているところもあるようなので、困らせないためにも断られたら引き下がらないようにしましょう。

 

先に確認しておきたい場合は、業者のパンフレットやホームページに載っていることも多いので、読み取っておくのが望ましいでしょう。

 

お金ではなく、お茶などを出すケースも多いですね。

 

 


業者を選ぶ時のポイント

引っ越し費用をできるだけ安くしたいのなら、それだけ多くの業者の見積もりを比べなくてはいけませんが、質の面にも目を向けてみるのを忘れてはいけません。

 

そのひとつとして挙げられるのは、受付スタッフの対応です。

 

電話は利用者獲得の第一歩であるにも関わらず、感じが悪いと思うなら、実際の作業も期待できるものではないでしょう。

 

ですから、誠意が感じられないようであれば、契約は他の業者と交わすのが適切な判断と言えるでしょう。

 

この点に関し、見積もり請求がウェブサイトでできるようになり、サービスの詳細な情報を得ることができますので、電話で様々な確認をする機会も減少してきました。

 

会話による場合、文章による場合のいずれも言えることは変わりません。

 

ルールに沿った文章でなかったり、アドレスが統一されていなかったりと、少しでもひっかかる点があるなら、検討業者から外しましょう。

 

少しでも安く節約しようと、引っ越し業者の見積もりを比較する時には、総額に捉われるのではなく、ひとつひとつの作業の金額も知っておくべきと言えます。

 

表面的には安いように見えても、家具の分解や組み立て、梱包などは業者は一切行わないとしているところもあります。

 

荷造りの時間がある場合を除き、時間的余裕がない人などは、業者側が全てを行ってくれるところを探すと良いでしょう。

 

引っ越し業者とはいえ作業するのは人間ですから、予期せぬ事故が起こる場合もあります。

 

万一、持ち物を破損された際の損害を業者が補填してくれるかどうかを把握しておきましょう。

 

有料のサービスと、何を無料でお願いできるのかも、情報を集めましょう。

 

参考サイト

全日本トラック協会